アルコールと痛風の要因

アルコールと痛風のつながり

 

ビールには、プリンカラダが多く含まれているので、痛風の原因になりやすいってよく耳にします。但し、プリンカラダが少ないアルコールなら、飲んでも大丈夫なのかというと、そういうわけでもありません。

 

確かにビールには、他のアルコールと比べるとプリンカラダが多いのは間違いありません。しかもアルコールは、ごちそうと比べると体内への吸収しやすく、尿酸に変わるのが速いという特徴があります。

 

そのため、他のお酒にすれば大丈夫なのかというと、そういうことでもないのです。

 

 

アルコールが尿酸ナンバーを決める

痛風は、体内に尿酸が目立ちすぎたため起こります。ビール以外のアルコールけれども、尿酸ナンバーを引き上げる危険性があるのです。

 

その原因は2つあります。

 

1つ目は、アルコールが肝臓で分離されたときに、尿酸のもととなるATP(アデノシン三リン酸)という物が使用される結果、尿酸の形成が促されてしまう。

 

2つ目は、こういうときに生まれた「乳酸」により、尿酸が尿と共に排泄されるのを妨害されてしまうからだ。

 

つまり、お酒を飲むと、全身で生まれた尿酸が増えても、それを排便しづらくなってしまうのです。

 

また、アルコールには利尿反応があります。水気の排便分量を継ぎ足し、血時の尿酸が濃縮変わるという弊害があります。

 

 

お酒は適量に

痛風や高尿酸血液症の個人は、お酒を飲まないのが一番の施術だ。ですが、お酒が好きな個人が、飲めなくなるとストレスが溜まってしまう。

 

不満で、食生活を食べすぎてしまって、それが尿酸ナンバーを上げてしまうこともあります。とにかくお酒を除けやれない場合は、適量のお酒で呑み過ぎないようにしてください。

 

 

アルコールと喫煙が肝臓に悪い拠り所

アルコールが肝臓に悪いは誰でも知っています。わかっていても社交や息抜きにつき、思わず飲んで仕舞う人も多いだ。何故、アルコールは肝臓に悪いか。

 

また、アルコールと同様、カラダに悪いと言われる喫煙はいかなる影響があるのか。

 

喫煙はガンの恐怖を高め、息吹器系の疾患の原因という様子はありますが、肝臓にはどういう影響があるか。

 

レグテクトHOMEへ